カーナビ無しで観光地を走るのはムリ


最近のレンタカーが低価格モデルの一辺倒から脱却しつつあるのは、快適なカーナビの普及等も一役買っているのかもしれませんね。車に各種の装備が付いているのがトーゼン!といった風に乗る側の意識が変わっていて、もう今の軽自動車なんて新車で買えば一昔前の高級車以上の装備が付いていたりしますからね。

今の軽なんて後部座席にエアコンの風が行くようにとか至れり尽くせりで競っているので、レンタカーが余りに貧弱だと利用者のウケが悪いのは当然でしょう。カーナビも使いやすくて良いものが付いている事が多いですが、車が出払っている時期なんかは稀にカーナビ無しのレンタカーしか残ってない場合も有ります。

しかし、初めて訪れた観光地でカーナビ無しに運転するのは相当キツイですね。よほど方向感覚に優れた地図を読める能力の高い人でないと、カーナビ無しでは慣れない道で疲れますし思わぬ事故を起こしても大変です。やっぱり、最低限カーナビの付いた車を確保できるように早めに予約するのが正解です。