レンタカーって低価格モデルばかりなの?

一昔前は、レンタカーというと基本的な最低限の装備しか付いていなくてシートや運転席のパネル等の内装も如何にも安っぽい、その車種の低価格モデルだけど走ればいいでしょ!何か問題でも?という印象でした。

ところが、やっぱり貸し出す車が安っぽくて乗る人の満足感を引き出せないと利用者にアピールするには弱くて業者間の競争に勝てないという事があるのか、だんだんレンタカーに中級価格のモデルが取り入れられるように変わってきましたね。車のメーカーの側もレンタルで乗り心地のいいモデルを体験してもらえば宣伝に繋がりますしね。

また、レンタカーに中級のモデルが採用されるようになった事情には中古車として売る場合の条件が関係しているらしいです。オプションなんかもある程度に充実したまあまあ良い車の方が良い値段で売れるので、業者としては車と資金を上手に回転させやすいと聞きました。コストパフォーマンスの点で最低価格帯の車を仕入れて乗り潰すという発想から随分変化しているのですね。