事故で補償が受けられない場合

車を運転する場合は万が一のアクシデントに備えて補償が受けられるように保険に入りますがレンタカーにも各種の保険が付いています。ただ、実際に事故が生じた場合こうした保険を受ける為には絶対に守らなければいけない約束事があります。

第一には殆どの店に共通した点ですが走行中に乗員がシートベルトを着用する事が条件です。いい加減に考えられがちな後
部座席もシートベルトをしてなかったが為に車外に投げ出されるなど深刻な事態に至る事も多いのです。特にレンタカーの場合はこの点を怠ってはいけません。

また、事故が起こってしまった時は必ず現場から警察に連絡して警察が発行する証明書を受け取らねばなりません。もちろん相手との示談なんて以ての外で全て警察とお店の指示を仰ぎます。その他、無断延長で起こった事故や契約書に書かれた人以外が運転していたのもアウトです。契約によっては林間や河川敷など道ではない所を走って起こった事故も不可でオフロードを走る為のクロカンだって同じです。