免責額と免責補償制度について

レンタカーで走行中に事故を起こしてしまった場合に借りた車には保険が掛かっているので利用者の出費はゼロかというとそういう訳でもないのです。お店が設定しているレンタカーの補償には免責額というものが決められていて事故を起こしてしまうとその額は払う必要があるのです。

免責額は会社によって違いますが対物が5万円で車輌が5万円といった額に設定しているケースが多く、車輌の免責額は2トンを上回るトラックなら8万円とかマイクロバスなら10万円なんて細かな設定をしている業者もあります。イザという時にこの免責額も負担せずに済む方法としては免責補償に加入する事があって、レンタルの料金とは別に希望する人が追加で払います。

1000円程度ですので心配な人は任意で払っておくのもテです。大型車やハイクラスのレンタカーの場合でも2000円なので大きな車を借りる場合は免責額を考えれば備えとしては良いかもしれません。特に、大きな車は普段運転し慣れていないという場合が多いでしょうからね。